サーフトリップレポート 高知編

こんにちは。

少し遅めの夏休みを取って日本に一時帰国した。

そして今まで行った事ない高知県へサーフトリップへ出かけたので、報告します。

サーフィン以外にも日本のいろんなところへ行ってみたいので、万が一波ゼロでも楽しむ気まんまんです、などと思ってたら、急に台風18号がカットバック、九州方面というか日本全体へ向かうらしい


出典:日本気象協会

さあどうなることやら。。。

旅程

まず、NYから一時帰国中の日程なので結構きつきつ。

金曜日 午前エアで高知入り、午後サーフ

土曜日 終日サーフ/観光

日曜日 午前サーフ、昼サーフ/観光、夜エアで高知発

もともとはこんな日程で行くはずだった。

 

高知サーフエリア


大きく大別すると上の地図の様に3つに分けれる。

調べた感じ、ポイントで言うと下記のような感じだ。

 

  • 東側(生見方面)

生見、尾崎、吉良川 など

  • 真ん中(空港も高知市街地もこの中)

仁淀川、横波、その他河口系 など

  • 西側(中村方面)

平野、双海、田ノ浦 など

 

今回は日本の3連休に当たるという事もあり、大メジャーな生見方面は関西からのサーファーで激混む予想して、西側エリア、四万十の方へメインでお邪魔させて頂く事を決めた。

Day 1

朝7時30分発のJAL便で。

出張で来る空港はあんなに嫌な気持ちで、せかせかして、イライラすること多いが、プライベートでしかも今回はサーフトリップという事もあって、まあいい気分。

日本に帰ってきたばっか(昨日着)という喜びもある。

勿論、Ontimeで高知龍馬空港到着。ボード受け取ってレンタカー屋さんへGO。

今回は車も少し気にした。というかまあクルマ好きとして乗ってみたかっただけ。

大人気とされてるToyota C-HR。コンパクトSUVが流行ってる昨今の中でも注目車。

足回りが意外と固めで少しくらいならスポーティな走りも出来る。

まあ売れるのもわかるなあという感じだ。

早速中村方面へ出発。

今回お世話になる宿、レンタルロッジフィールドさんまで2時間程度の予定。オーナーさんはサーフィン歴ウン十年の方。めちゃめちゃいいヒトなので、おすすめ宿間違いなしだ。

あ、写真は連れでオーナーさんではありません。

途中で有名なHポイントやFポイントを確認。

確かに風を受けていてコンディションは良くはないけど、出来なくはないという感じ。

早速チェックインをさせて頂き、宿オーナーとポイントの相談。

今日はあまり時間もないので、まずはHポイントなどのメジャーポイントへお邪魔する事に決めた。

潮は上げ。写真では伝わりにくいが、サイズは胸ー肩くらいでセットは頭。

途中、30分くらい風が弱まり、波も纏まり、面が良くなる奇跡的なタイミングもあったが、基本はそれなりにハードだった。台風接近中にしては上出来だが。

でもその奇跡の30分くらいというのは最高でした。

サーファーは我々の他には1人。途中の良くなったタイミングでもう一人。計4人。

また我々が出る際に2名入ってらっしゃった。

人が少ない事もあってたくさん乗れたし、結局3時間くらい入っていた。

 

帰りに少し北上し、道の駅にあるポイントをチェック。

!!いい感じじゃないか。。。

少し後ろ髪引かれましたが、時間も時間だったので明日再訪することにして、宿に戻った。

 

そんなこんなでDay1は終了

Day 2

この日まで、波と風はぎりサーファブルと予報されていた。

さあ、さっそく起きて、顔洗って歯磨いて、タバコ吸って、出発。

昨日のHポイントや道の駅のポイントをチェック。

でも、東向きも南向きもどこもクローズっぽさが全開。

諦めて宿に帰るとマスターがいて、報告と他のおすすめを確認。

アドバイス通り宿から一番近いポイント(名前はないらしい、普段はなかな波が立たず出来ないらしい)をチェック。

なんと、できそう!

てことでまず入ってみる事にした。

水深が深いこともあってか、かなりぶ厚くて乗りにくく、波もどこかパリッとしてない感じだが、うねりは台風のおかげで強く、もちろん貸切ということもあって何本かは乗れました。

 

そのシークレットから上がった後は他のポイントも全く駄目だったので、少し四万十観光へ。

遊覧船乗ったり、地元の郷土料理食べたりした。

 

その後夕方頃に四万十市を更に室戸方面に南下してポイントチェック。

台風の時に良いと地元のローカルの方に聞いていたNポイントが風を完全にかわしていて、スモールながら大変きれいなコンディション。他がクローズコンディションなのに驚きだ。

10人くらいの方が入ってらっしゃいましたが、ポイントブレークだったので、見学のみ。

他はどこも風を食らっていて2ラウンド目は実現できなかった。

晩飯時には何故か雨も風も弱まっていたので、四万十市の市街地の居酒屋で晩飯。商店街も味があってよかった。

帰って地元の栗焼酎飲んで就寝。

Day 3

最終日の3日目。

もともとの予報では、波はかなり厳しい状態。

主に観光に充てる予定だったが、希望を持って5時に起きて朝一チェック。

昨日すごい良かった対台風のNポイントをチェック。さすがのこのポイントも台風のうねりだけでなく、風も入っていてかなり厳しい状況。セットダブルくらい。

雨風すごくて写真取れなかった、すいません。

他に波をチェックしてらっしゃるサーファーはいらっしゃったものの、我々は引き返した。

この時点で台風は九州と四国に本上陸。

雨も風もかなり強まってきて外はぐちゃぐちゃ。海はもう恐怖しか感じない。。

他のポイントは見るまでもない、、、

という事で気を取り直して、読書と昼寝。

 

荷造りして、マスターと最後の雑談とお礼をして、まず空港へ向かう事にした。

お別れ際にふかし芋をくれた。有り難う御座いました!

 

空港までの道中で、超絶暴風雨の中、鍋焼きラーメン食べた。これはまあうまい。おすすめ。

あと、パタゴニアにも寄った。

恐らく全便欠航だろうなあとも思いながら、一応空港へ向かう。本来ならこの日の晩のフライトで帰る予定だったが、案の定全フライトキャンセル。

ホテルを近くで探して、急遽もう一泊。

Day 4(予定外)

という事で、ほんとは無かったはずのDay4。

せっかくなので、フライトまで楽しまないと。

残念ながら波は良くない状態だったので、せっかくだから四国を少しでも見に行こうってことで、高知を出て愛媛の今治にタオル買いに行く事にした。

高知市近辺から2時間くらい。意外と近いね。という事でしまなみ海道も寄ってみる事に。

大島と伯方島へ行きました。伯方は、はっかったっのっしお、のCMで有名なところ。

この日は前日まで嘘のような台風一過の快晴。

瀬戸内海はとっても静かで、すごいいいロケーション。もう少しゆっくりしたかったな。

この辺りの人が太平洋を見ると怖い、という話を聞いたことがありますが、確かにその通りだろうなと初めて納得できた。

たまたま昼飯に入った場所もいけてた。はちみつ食堂さん。

 

その後は今治にタオル買いにいって、今治城少し見て、帰路に着いた。

 

なんだか、最後はサーフトリップでも何でもないただの観光だけど、結果大満足だ。

しまなみ海道は自転車の方がたくさんいて気持ちよさそうだった。高知と愛媛の旅、おすすめです。

お世話になった、宿のマスター、空港で対応してくれたグラホのねえさん、道の駅のおばちゃん、パタゴニアの店員さん、レンタカー屋で濡れながら対応してくれた若いJKくらい風な子、高知と愛媛の皆さん有り難う御座いました。

また必ずお邪魔したいと思います。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です